特集☆サービス付き高齢者向け住宅

少子高齢化はこれから当分の間続く見込みです

当サイトはサービス付き高齢者向け住宅比較サイトです。今年は団塊の世代が全員70歳以上の高齢者となってしまいました。それで世の中には高齢者があふれています。国民の四人のうちの一人は65歳以上の高齢者ということです。

少子高齢化はこれから当分の間続く見込みです。こんな時代背景ですから、サービス付き高齢者向け住宅の需要はこれから高まるばかりです。高齢者でも七十歳くらいまでは、まだ元気ですが、八十歳を超える頃から急激にその体力が落ちてきます。これは神様から与えられた宿命ということもいえます。

残されたわずかな期間をサービス付き高齢者向け住宅で快適に過ごすということは、高齢者の福祉に直結する問題です。 とはいえその数はたくさんありますので、どこに入居するかは、当サイトのような比較サイトを利用されて、じっくり検討されるのが良い方法です。

JPMC

POINT

オーナー目線で安定した経営を実現しています
既存物件の一括借上サービスを展開しています
高齢者向け住宅による土地活用をトータルコーディネートのサービスを受けられます

サービス付き高齢者向け住宅のトータルコーディネートで頼りになるJPMCでは、それぞれのオーナーの方の目線に立った経営をしているので、オーナーの方が安定した収益を確保できる様に常に気配りを持った品質の高いサービスを提供してくれます。

他社でサブリースをしているオーナーの方や新しくサブリースのサービスを利用したい方の助けになる為に日本全国の物件でサブリースのサービスをJPMCでは利用する事ができます。1400社以上のパートナー企業と地域密着した資産運用コンサルティングを実現しています。

サービス付き高齢者向け住宅の建築から運営までをJPMCがトータルコーディネートで高品質なサービスとして提供してくれるので、初めてサービス付き高齢者向け住宅の運営をするオーナーの方が、安定して収益を確保できる為の力になってくれます。

サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム

POINT

毎月、高齢者向け住宅の最新情報を更新しています
高齢者向け住宅に関する総合的なサイトです
全国の住宅情報が提供されています

毎月、サービス付き高齢者向け住宅の最新動向を更新していて、最新の情報を住宅情報検索と同時に集めることができます。それ以外の高齢者向け住宅に関するニュースも多く掲載されています。また、働く人や入居者の生の声をシリーズ化して掲載しています。

住宅情報だけではなく、費用や住まいの備え、リフォームなどの情報も掲載されているサービス付き高齢者向け住宅情報提供システムです。このサイトだけで高齢者向け住宅に関する様々な情報を得ることができるようになっています。

全国の高齢者向け住宅の情報が提供されているため、ご希望の都道府県から住宅を探すことができます。また、1ヶ月以内に情報更新があった県が一目でわかるようになっています。

コーシャハイム平尾

POINT

多世代の人々とのふれあいを大切にしています
生活支援体制がしっかり整っています
栄養バランスのしっかりとれた食事を提供してもらえます

サービス付き高齢者向け住宅のコーシャハイム平尾は、多世代の人々とのふれあいをとても大切にしています。具体的には地域交流を大切にしているので、いつも新鮮な気持ちで楽しい時間を過ごすことができて、そして安心した暮らしが約束されます。

介護と医療の安心体制が整っているので、いつでも安心して暮らしができます。また、食事も栄養バランスを考えたメニューが365日提供されます。食べる楽しみはいくつになってもありますので、充実した食生活がおくれます。

とても充実した共用スペースが用意されています。ここでさまざまな人々と接点を持つことができます。24時間の連携医療体制があるため、一人で入居した人も不安なく暮らしていけるでしょう。

グランドマスト

POINT

元気な高齢者のための新たな生活空間です
広々とした住居空間を保証してくれます
安心と生活をサポートしてくれるスタッフがいます

自立して生活をすることができる高齢者向け住宅がグランドマストです。生活自体を変えず、より快適で安全な空間の中で第二の人生をスタートすることができます。まるでホテルのようなラグジュアリーな空間が魅力です。

スタッフが24時間常駐しているため、あらゆるサービス付きとなっています。生活相談や健康管理を徹底しています。介護が必要になった場合でも、生活を変えずに介護サービスを受けられる様になっているので安心です。

食堂ラウンジでは手作りで健康に配慮した食事を提供しています。旬に合わせた食材を取り入れているので、毎日違うメニューを楽しめるので、食事をより快適に利用できます。

ウィステリア

POINT

最高コンシェルジュと言えるサポート力があります
自分らしく暮らすことができる環境が整っています
食に対してのこだわりがあるので美味しい料理が堪能できます

サービス付きの高齢者向け住宅としてウィステリアがありますが、ここの施設は最高のコンシェルジュがスタンバイしていますので、どんな小さいことでも安心して相談できますし、安心して暮らしていける環境がきちんと整っています。

食に関するこだわりが徹底されていて、塩分やカロリー等個別対応してくれますので、気軽に相談できます。また、噛む力が低下している人は相談すれば、やわらかい食事を用意してくれます。個人個人にあった食事で楽しく食事ができます。

型にはまった生活をするのではなく、ウィステリアは自分らしく自由に暮らしていくことができます。施設だからといって自由を制限されることもなく、楽しい人生をおくれます。

大和リビング株式会社

POINT

24時間365日スタッフが常駐しています
常にスタッフがいるので安心して暮らせます
緊急時にも医療連携が充実しています

大和リビング株式会社では、サービス付きの高齢者向け住宅の運営を行っています。住まいと医療と介護をメインとして、快適な住まいを提供しています。シニア向けの賃貸住宅であり、24時間365スタッフが常駐しているので、安心した暮らしができます。

施設というとかなり縛られた生活になるのではないかと考えられがちですが、賃貸住宅の自由さがここにはあります。ですから、しっかりとサポートしてもらいつつ、快適な自由な暮らしができるので、楽しい第二の人生がおくれます。

大和リビング株式会社では、全国各地にさまざまなタイプの住宅を展開しています。大きすぎず、小さすぎずといった感じの高齢者向け住宅に仕上がっています。問い合わせにも親切丁寧な対応です。

周辺環境もサービス付き高齢者向け住宅ではポイント

サービス付き高齢者向け住宅は、管理人となるコーディネーターと契約し、60歳以上の要介護者が入居できる終の棲家です。大概、月額10万円台から住むことができ、食費や光熱費、生活支援サービスなどが付帯されてこの賃料という住宅もあるようです。介護事業と医療事業の連携により運営されていますが、特別老人ホームと同じく、サービス付き高齢者向け住宅への入居者は増加傾向です。家族に迷惑をかけたくない、セカンドライフを桜花させたいなどの相談の声も耳にしますが、24時間安否確認が徹底されていることが入居者が増えている理由でしょう。自立・自律に尊厳ある生活も可能で、リハビリも行えます。医療事業では、診療所や訪問看護ステーションとの連携が図られていたり、救急病棟も備える中核医療を担う病院とも繋がっています。ヘルパー2級以上のスキルを持つスタッフが常駐していますが、古武術介護や准サービス介助士というように実践的なスキルとホスピタリティの心を持つスタッフが常駐しているようなところも、生涯暮らすつもりであれば魅力になるのではないでしょうか。

今や20万戸以上建設されているサービス付き高齢者向け住宅は、見学者も後を絶ちません。高齢者や障害者、生活保護世帯を対象に、社会福祉士というプロが相談から援助業務を担っています。また、こうしたプロが監修するサービス付き高齢者向け住宅も人気取りしています。見学の際は、家賃や介護サービス料などが気になりますが、終の棲家になり得るのであれば様々な生活シーンを想像してみましょう。どんなにサービスが気に入っても、複数回見学に行くことをおすすめします。時間帯や平日や休日もポイントで、例えば、日曜は静かでも、平日は交通量が増えて車の騒音が気になったり、夜に近所の飲食店のネオンライトで落ち着かない雰囲気になるかもしれません。交通量が増えることで、緊急時、救急車による搬送が難しくなることはないのかという見方もできます。美しい眺望も、自分が入室する部屋の窓からの眺めでないなら意味がなくなります。高齢者にとっては、定期的に避難訓練が実施されているのか、生活のしやすさや安全性を何より優先的にチェックしましょう。

特別老人ホームなどとは異なり、室内にトイレや浴室、キッチンが完備されています。高齢者や要介護者に優しい住まいなのか、ここもポイントです。サービス面は必要となれば外部委託できます。しかし、設備や間取りは、個人がリフォームやリノベーションできません。トイレならば、介助者のスペースも考えた広さを確保すべきです。居室は光りを浴びることで体の状態を整えることができるので日当たり重視、南向きがおすすめです。光りを浴びる一番利に適うのは外出することで、外出許可してもらえたり、介助者が同行したり、中には入居者とお散歩する催しなども行われています。やはり、外出するならば周辺環境も重視すべきです。室内には、緊急事態を知らせるインターホンや要請できる通信機器も必要ですから、見学時にはこうした点も見てみましょう。

カテゴリー